窪田正孝と川口春奈ドラマヒモ”男性ここが見どころ面白いよ

窪田正孝と川口春奈が主役カップルを演じることで話題のテレビドラマ『ヒモメン』。放送された第1話では、個性の強い人物が続々と登場した。その中でも言動がひどかったのがYOUの演じる尾島和子だった。尾島は春日ゆり子(川口春奈)が勤務する「裏和野病院」の看護師長。尾島は通常、勤務する看護師たちを指揮する立場であるはずの人間なのだが、第1話では本来するべき仕事を全くしないダメダメ師長として活躍した。ある日、病院に矢沢という患者がやって来る。矢沢は病院にたくさん金を払っているからという理由で、禁止されているペット(鳥)を持ちこんでやりたい放題。院長ですら意見が言えないという相手に、尾島はゆり子を連れて行く。なんと尾島は「若い人のほうが言うこと聞くから」とペット飼育を注意させ、矢沢が怒ると「これだから若い子はだめなんですよね」と言い始めた。この後も尾島は矢沢の怒りをすべてゆり子に向けさせ、自分は即座に逃げるという行動をとった。しかも最後に矢沢とゆり子の問題が活躍すると「私はこうなると思ってたわ」と居直った。第2話以降も尾島(YOU)がどれだけの押しつけ・丸投げぶりを見せるのか、ゆり子たち看護師側の反撃はあるのか、楽しみにしたい。
働かない“ヒモ”男性と看護師彼女のラブコメディ『ヒモメン』の第1話が放送された。主役カップルの春日ゆり子(川口春奈)が勤務する裏和野病院で、医師として登場する池目亮介(勝地涼)が面白く、そして恐ろしいキャラだった。看護師たちの前に登場する池目は、イケメンでエリート。爽やかな微笑で、看護師たちにも患者にも、丁寧な物腰を崩さない。ゆり子が入院中の患者ともめて退職の危機に陥った時にも、レストランに誘って悩みを聞くなど、紳士的な面を見せた。結局、ゆり子の騒動は、ヒモ彼氏の碑文谷翔(窪田正孝)が解決する。問題はこの後だ。退職せずに済んだことを報告したゆり子に対して、ずっと笑顔だった池目がふっと「仕事が嫌いな彼でいいんだね」と呟いて、真顔になる。実は――ゆり子が退職を迫られるきっかけになった事件の犯人は、池目だったのだ!しかも池目は、病院内でゆり子の言動を陰に隠れて観察しており、ゆり子に彼氏がいることも知っていた。誰もいない手洗いで、池目は「どうして俺を選ばないんだ……?」と怒り狂う。見かけはイケメンでエリートのはずが、ふたを開けてみたらとんだストーカーだったというわけだ。きっとそういう性格だから選ばれないんじゃないかな、としか言いようがないが、次回予告でも池目はゆり子と翔を別れさせるためにさまざまな工作を仕掛けてくるようす。池目を演じる勝地涼のあやしい手つきや台詞まわしも含めて、楽しみにしていたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする